日本画像学会(top)]  >>  [Imaging Today]  >>  第23回フリートーキング
>>PDFファイル

第23回 フリートーキング“Imaging Today”
『過去および現在の画像材料技術の本質を探る』
 日本画像学会編集委員会では学会誌に毎号Imaging Todayを特集しております。会員の皆様にテーマ内容をより理解を深めていただくことを目的として、年2テーマを選び4月と10 月に「フリートーキング “Imaging Today”」を企画しております。Imaging Todayの執筆者の方に講演をしていただき、その後に質疑応答の時間を充分にとることにより、気軽な雰囲気で知識を深めていただくことを期待しております。また、フリートーキング終了後には情報交換会を予定しております。講演者および会員相互の交流の場として活用いただければ幸いです。

 第23回 フリートーキングの内容は表題のテーマを予定しております。講演は、本学会誌通巻202号、のImaging Today執筆者の皆様にお願いしております。会員、維持会員の皆様の積極的な御参加をお願い致します。
日 時: 2013年4月26日(金)10:50〜18:30  (受付開始 10:20)
(講演:10:50〜17:20、情報交換会17:20〜18:30)
場 所: 東京工業大学 すずかけ台キャンパス すずかけホール (H2 多目的ホール)
(〒226-8503 神奈川県横浜市緑区長津田町 4259)
会場へのアクセス:
東急田園都市線 すずかけ台駅下車 徒歩約5分
http://www.titech.ac.jp/about/campus/s.html
 
参加費: 会員:3000円、非会員:5000円、学生:1500円
◆参加費には講演資料(日本画像学会誌202号)を含みます。
1コイン情報交換会:500円
参加ご希望の方は、本文に氏名・所属,会員(会員No.)/非会員/学生(会員の場合は会員No.)の別を記入し、日本画像学会事務局(event@isj-imaging.org)までメールでお申し込み下さい。(講演会、情報交換会) 当日申し込みも可能です。
なお、参加費は当日、会場で集めます。その際、会員は会員証を、学生は学生証をご提示ください。

プログラム
「過去および現在の画像材料技術の本質を探る」
(日本画像学会誌202号掲載)  
10:50〜11:00 開会の挨拶
日本画像学会 編集委員長   前田 秀一
11:00〜11:45  ●インクジェット材料の歴史と応用の進展
株式会社 ミマキエンジニアリング技術本部 大西 勝
11:45〜12:30  ●コートタイプインクジェット記録紙
三菱製紙株式会社 大倉浩和
12:30〜13:15    − 昼休み −
13:15〜14:00  ●印刷用顔料の歴史
クライアントジャパン株式会社 原田大輔
14:00〜14:45  ●熱転写技術におけるインク技術の移り変わり 2013
大日本印刷株式会社 有村貴男
14:45〜15:00    − 休 憩 −
15:00〜15:45  ●電子写真用現像剤の発展と今後
富士ゼロックス株式会社 鈴木千秋
15:45〜16:30  ●電子写真感光体 −無機から有機材料を用いた機能分離型まで−
株式会社 リコー 長山智男
16:30〜17:15  ●電子写真記録メディアの歴史
東京工芸大学 加藤 勝
17:15〜17:20 閉会の挨拶
日本画像学会 編集委員会
17:20〜18:30 1コイン情報交換会
      講演順、時間帯に関しましては今後都合により変更の可能性がありますので最新の情報をご確認ください。

★ 本企画担当編集委員:竹内(キヤノン)、長山(リコー)、山口(ユーテック)、前田(東海大)、山ア(コニカミノルタブジネステクノロジーズ)
★ フリートーキング担当編集委員:永戸(東芝)、鈴木(元リコー)、中山(富士ゼロックス)
★ 問い合わせ:一般社団法人 日本画像学会、TEL 03-3373-9576、E-mail event@isj-imaging.org

日本画像学会(top)]  >>  [Imaging Today]  >>  第23回フリートーキング