日本画像学会(top)]  >>  [技術研究会]  >>  2016年度 第3回 日本画像学会技術研究会 (通算129回)

2016年度 第3回 日本画像学会技術研究会(通算第129回)

電子ペーパー/フレキシブル技術研究会
『プリンテッドエレクトロニクスと電子ペーパーの新展開』

  日本画像学会電子ペーパー部会は1994年から電子ペーパー技術や応用に関する研究会を毎年開催してきました。昨年から研究会の名称を「電子ペーパー/フレキシブル技術研究会」と改め,当初の電子ペーパーの狙いの一つである,紙のように“薄く”,“軽く”,“フレキシブル”な技術や用途展開も対象として広げていくことにしました。
  今年度の研究会では,フレキシブル化に重要なプリンテッドエレクトロニクス技術と電子ペーパーの技術と応用の最新動向の講演をお願いしました。これらの技術の今後の方向性の把握および両技術の組合せによる新たな価値を見出すために本研究会を活用してください。
  また技術や製品の展示の時間も設けていますので,情報交換の場として活用ください。皆様の積極的な参加と討論を期待しております。

□ 開催日時:2016年10月21日(金) 9:40am 〜5:10pm (受付 9:10am〜)
□ 場所:日本化学会 化学会館 ホール(東京都千代田区神田駿河台1-5,Tel:03-3292-0120)
(JR中央線/総武線,地下鉄・丸の内線/千代田線:御茶ノ水駅下車徒歩3〜6分)
□ 座席定員:100名
□ 参加費: 会員 7,000円、非会員 10,000円、学生 2,000円(予稿代を含む)
*正会員、維持会員、協賛学会会員の方は必ず会員証を持参の上、受付に提示ねがいます。
参加費は会場にて当日お支払いください。
事前支払い、クレジットカード支払いは受け付けておりませんのでご了解下さい。
□参加申込:下記の日本画像学会技術研究会の参加申し込みサイトから事前に申し込みをお願致します。

《会員用申し込みサイト》
《維持会員用申し込みサイト》
《協賛学会会員用申し込みサイト》
《非会員用申し込みサイト》

会員のID/PW(会員番号:日本画像学会会員No / パスワード:会員情報管理システム用パスワード(※お忘れの方は こちら)
維持会員はPWは必要ありません


協賛学会のSID会員、IS&T会員、映像情報メディア学会会員の方は”非会員用申込サイト”から申し込んで頂いて、当日会員証を受付に提示ください。会員価格で参加出来ます。

当日は参加証(参加申し込み【○○】登録完了通知)をご自身で印刷し、受付に提示ください。

プログラム
 タイトル 所属講演者
9:40am開会の挨拶 部会主査(リコー)堀田吉彦 
9:45am「エレクトロクロミックを用いた調光および加飾シート技術の開発」 リコー八代 徹
10:25am「電子ペーパーサイネージ」 凸版印刷檀上 英利
11:05am「黒色粒子を用いる視認性の高い構造色の発現と利用」  千葉大学桑折 道済
11:45am (昼休みおよびデモ展示 90分)
0:30pm - 1:15pm デモ展示 (45分)
《 E Ink,リコー,千葉大学,凸版印刷(調整中),丸文(調整中)》
1:30pm「フレキシブル・プリンテッドエレクトロニクスの基盤技術と応用展開」  山形大学時任 静士
2:15pm「全印刷有機TFTによるアクティブマトリックス駆動-感圧センサフィルムデバイス」JAPERA/コニカミノルタ 西 眞一
2:55pm (休憩 10分)
3:05pm「電子ペーパーの未来を拓く:電子タイル &オンライン・ペーパー」 富士ゼロックス柴田 博仁
3:45pm「電子ペーパーの可読性」 名古屋大学宮尾 克
4:25pm「電子書籍の教材活用と電子ペーパー」 マイクロコンテンツ(元有斐閣)鈴木 道典
5:05pm閉会の挨拶 学会長(東海大学)面谷 信
<講演プログラム、タイトル、デモ展示は、変更する場合があります。最新情報は学会HPからご確認ください>


企画,運営:日本画像学会 技術委員会 電子ペーパー/フレキシブル技術部会

一般社団法人 日本画像学会 The Imaging Society of Japan, ISJ
〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5 東京工芸大学内
Tel:03-3373-9576, Fax:03-3372-4414
http//www.isj-imagingorg/isj.html

協賛:日本印刷学会,日本写真学会,画像電子学会,映像情報メディア学会,IS&T東京支部,SID日本支部

日本画像学会(top)]  >>  [技術研究会]  >>  2016年度 第3回 ISJ技術研究会(通算129回)