日本画像学会(top)]  >>  [シンポジウム]  >>  2017年度日本画像学会シンポジウム

日本画像学会2017年度関東シンポジウム


『イメージング技術の最新動向と未来に向けた展望』

〜この一年の技術動向の振り返りから今後注目の最新技術まで〜


開催趣旨
    drupa2016から早一年半が経ち、発表された新しい製品や技術の市場での評価が進む一方で、さらに多くの新規なイメージング技術が登場してきています。本シンポジウムでは、日本画像学会技術委員会からの専門家がそれぞれの分野のこの一年を総括し、最新製品を取り上げながら技術動向を紹介いたします。さらに、注目すべき先端技術について、それぞれの専門家の方々にお話しいただきます。イメージング技術の将来を考え、未来に向かう技術の流れを参加者一同で共有することを目指しています。業界の最新動向と最先端トピックスを一日で把握できるまたとない機会です。皆さまのご参加をお待ちしております。


■開催日時2017年12月12日(火) 9:30〜16:30(受付開始 9:00〜)
■場所発明会館(東京都港区虎ノ門 2-9-14、Tel:03-3502-5499)
            地下鉄銀座線「虎ノ門」駅 3番出口 徒歩5分
            地下鉄「霞ヶ関」駅 A13番出口 徒歩10分
■対象複写機、プリンタ、その他イメージング関連事業に従事するあらゆる分野の方
■参加費
    
会員、維持会員及び協賛学会員 10,000円、非会員 17,000円、学生 2,000円
(会員証、維持会員証を提示願います)
■参加登録 以下のWebサイトからの事前登録を実施致します。

https://questant.jp/q/G8X2WTYD-ISJ-Kanto-Symposium


*スマートフォンなどで登録をされる際は下のQRコードからご登録ください。

   


当日は参加証(参加申し込み【○○】登録完了通知)をご自身で印刷し、受付に提示ください。
また、参加費は、当日受付にてお支払いください。参加費は予稿集・CD-ROM代金を含みます。
 
キャンセルは、開催日の前々日16:00までに事務局へご連絡ください。

■主催一般社団法人 日本画像学会
〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5 東京工芸大学内
Tel:03-3373-9576、Fax:03-3372-4414
URL:http://www.isj-imaging.org/event/symposium.html
■協賛 (一社)日本印刷学会、(一社)画像電子学会、(一社)日本写真学会
■企画・運営日本画像学会  企画委員会


プログラム
  時 間 題 目 講演者 所 属
1 9:30-10:20 電子写真技術部会からの報告 小森 智裕
高性能駆動装置 開発
2 10:20-11:10 インクジェット技術部会からの報告 奥田 貞直
サカタインクス
  11:10-11:20 休憩
3 11:20-11:50 サーマル記録技術部会からの報告 寺尾 博年
アルプス電気
4 11:50-12:20 電子ペーパー/フレキシブル部会からの報告 八代 徹
潟潟Rー
  12:20-13:10 昼 食
5 13:10-13:40 デジタルファブリケーション部会からの報告 酒井 真理
東京大学
6 13:40-14:30 「集積化MEMSの未来を拓くナノテクノロジープラットフォーム
 〜新機能・高信頼センサシステムの実現とその課題〜」
三田 吉郎
東京大学
  14:30-14:50 休憩
7 14:50-15:40 HP Jet Fusionの活用事例と可能性 秋山 仁
鞄本HP
8 15:40-16:30 商用印刷市場におけるデジタルプリンターの付加価値 創出
〜Pro C7100Sシリーズの特色トナー開発〜
三國谷 健太郎
(株)リコー
*都合によりプログラムを変更する場合があります。最新情報は都度ご確認ください。



日本画像学会(top)]  >>  [シンポジウム]  >>  2017年度日本画像学会シンポジウム(東京)