日本画像学会(top)]  >>  [Imaging Today]  >>  第37回フリートーキング
>>パンフレットPDF

第37回 フリートーキング“Imaging Today”
『カプセル化技術』
onlineで開催いたします
  日本画像学会誌246号(2020年8月発行)の特集“Imaging Today”では, 「カプセル化技術」を取り上げています.
  画像形成技術を支える材料技術、特に記録材料としてのトナー、インクそして電子ペーパーの表示材料においては広くカプセル化技術が展開されています。カプセル化技術、さらにはマイクロカプセル化技術を用いることによって、シェルが内容物を保護し、狙い通りの機能性を様々なターゲット条件のもとに発生させることが可能となってきています。また、今まで取り扱いが容易でなかった材料をカプセル化することによりハンドリング性能を向上させることにも成功してきています。
  今回のImaging Todayでは、このカプセル化技術に着目し、特集を組むことといたしました。あらためてマイクロカプセルの作成技術を解説いただくと共に、カプセル化・マイクロカプセル化技術の応用展開、新機能材料などの技術解説をご執筆いただいております。この特集が皆様の研究開発における一助となることを期待しております。
  本特集が日本画像学会会員の皆様にとって,新たな取り組みのきっかけになれば幸いです.
日 時: 2021年3月15日(月) 13:15〜17:00  (開催サイトオープン 13:00 予定 )
会 場: zoomによるonline開催
 
参加費: 会員/協賛学会会員:2000円、非会員:5000円、学生:1500円
   ・参加登録返信メールに添付している請求書に従って期限までに事前振り込みをお願いします
   ・参加費を振り込まれた方に参加URLとテキストpdfを送付します。
   *期限までにお振込みが出来ない、別の支払方法をご希望の場合はWeb参加登録後、下に記載しております学会事務局にお問合せ下さい。
今後の予定: 申し込み締め切り:3月5日
参加費振り込み締め切り:3月8日
参加サイト情報の配信:3月12日


  参加申込:下記のリンクまたは右のQRコードからお申し込みください。
https://questant.jp/q/M29V34K1-37th-freetalking
   


※定員はございません.


プログラム
テーマ     「カプセル化技術」
(日本画像学会誌246号掲載)  
(敬称略)
          
13:15〜13:20    開会の挨拶
日本画像学会 事務局長 竹内 達夫
13:20〜14:00  ●森下仁丹におけるカプセル技術とその展望
森下仁丹梶@西川 雄大
14:00〜14:40  ●感熱・感圧記録材料におけるマイクロカプセル技術
富士フイルム梶@島田 浩一
14:45〜15:25  ●マイクロカプセルの現状と応用展開 
新潟大学 田中 眞人
15:25〜16:05  ●ポリマーを用いた自己修復材料の動向とそのアプローチ
大阪大学 大崎 基史
16:10〜16:50  ●電子写真におけるカプセル化技術
山ア国際コンサルティング 山ア 弘
16:50〜17:00    閉会の挨拶
日本画像学会 編集委員長 中村一希
            ※プログラムは都合により変更の可能性がありますので最新の情報をご確認ください。
            ※学会誌では英文で掲載されていますが、フリートーキングでは日本語で解説をいただきます。

★ 企画・運営:日本画像学会 編集委員会
★ 主催:一般社団法人 日本画像学会
★ 問い合わせ:一般社団法人 日本画像学会
   〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5 東京工芸大学内
   TEL: 03-3373-9576
  E-mail: event_registration@isj-imaging.org
  ホームページ http://www.isj-imaging.org/isj.html

日本画像学会(top)]  >>  [Imaging Today]  >>  第37回フリートーキング