日本画像学会(top)]  >>  [研究討論会]  >>  ICJ 2018 Fall Meeting (Presentation Guide)
  第122回日本画像学会研究討論会
Imaging Conference JAPAN 2018 Fall Meeting
The ISJ's Technical Conference on Imaging Science
November 15 - 17, 2018
Kyoto Institute of Technology, Kyoto, Japan
プレゼンテーションガイド原稿作成要領  ( Presentation Guide )
本ガイドでは、Imaging Conference JAPAN 2018 Fallにて効果的なプレゼンテーションをして頂くために必要なプレゼン原稿の作成要領を示します。
プレゼンテーション方法:
液晶プロジェクターを使用した発表とします。OHPによるプレゼンテーションは出来ません。
一般講演プレゼンテーション原稿作成要領:
レイアウトは水平配置(Landscape Format)とする。
プレゼンテーション画面は英語を原則とする。
読み易いようにboldフォント(Arial Bold, Palatino Bold, Times Bold, Helvetica Bold)を使用する。
フォントサイズはタイトルに36 point、本文は24(最小)〜 30 pointを使用する。
1頁、最大9行の文および数式とする。
文字色は背景とコントラストが高く、読み易い色を選択する。
グラフの曲線は太いラインにて、点線、破線などを使うか簡単なラベルを付ける。
グラフ中にグリッドラインは入れない。
グレー背景に色ラインのグラフは避ける。
グラフの軸、軸スケール、軸タイトルははっきりと大きなフォントで表示する。
オブジェクトの動作設定やアニメーションはプレゼンテーション効果が高いが、共用ノートパソコンを利用することを考慮して複雑なものや容量の大きなものは避ける。(特殊な効果や大容量、高速処理が必要な場合は専用ソフトおよびノートパソコンを各自で用意してください)
講演時間について:
各講演時間は、以下のとおりになっております。プログラムをスムーズに進めるために、講演時間は厳守して頂きますよう宜しくお願いします。
一般講演
講演、質疑応答および交代時間を含めて20分となります。5分程度の質疑応答を考慮してプレゼンテーションファイルをお作り下さい。
受賞記念講演
論文賞、KM賞は、質疑応答含めて40分、技術賞は質疑応答含めて20分とします。
データファイルの取り扱いについて:
プレゼンテーションは、各自お持ちになったパソコンあるいは実行委員会で用意した共用パソコンを使用します。
1.PCご持参の場合
    ご自身のPCを使用される場合、プロジェクターへの接続はVGA(D-Sub15ピン)端子のみ使用可です、必要なら変換アダプタ等の準備をお願いします。
2.共用パソコンを使用される場合
    共用パソコンを使用する場合は、USBメモリーにプレゼンテーションファイルを格納して持参し、セッションの始まる前に共用パソコンに各自、プレゼンテーションファイルを格納し、動作を確認してください。格納されたプレゼンテーションファイルはセッションの終了後,責任をもって消去させて頂きます。


2018年度画像関連学会連合会 第5回 秋季大会ポスターセッション
ショートプレゼンテーション原稿作成要領:
A)メールにて送付のパワーポイントフォーマットをご使用ください。
B)枚数は規定しません。フォーマットはタイトルページ1、内容ページ4となっておりますが、内容ページは適宜、増減していただいて結構です。ただし、次の発表者との交代時間も含めて3分間の制限を厳守願います。
C)プレゼンテーション画面は英語を原則とする。
D)使用フォントは「MS明朝」、または「MSゴシック」とします。
E)フォントの大きさや色、背景やデザインテンプレートの使用等は自由ですが、基本的にアニメーションは使わないでください。やむを得ずアニメーションを使用した場合は、必ず、会場で事前に動作チェックをしてください。
F)画像を貼り付ける場合は、適当な画素数に落とすなどデータ量にご注意ください。
G)タイトルページの右上に発表番号を入れてください。それ以降の内容ページには最下部に発表者名(代表者のみでも可)と所属(略記も可)をご記入ください。
H)メールにてお送りするテンプレートは97-2003バージョンです。
作成後は、committee@isj-imaging.org宛にメール添付でお送り下さい。件名は「ショートプレゼンテーション資料送付」としてください。送付期限は11月9日(金)です。
ショートプレゼン講演:
質疑応答の時間はありません。交代時間を含めて3分です。(時間を経過した時点で、終了して頂きます)。11月16日の午前にプログラムに記載の番号順に行っていただきます。各発表が遅滞なく進むようご協力お願いいたします。議論はポスター展示の時間(1時間40分)を利用できますので、講演概要をまとめた、特にイントロ部分を強調したプレゼンテーションファイルをお作り下さい。なお、当日のPC等はこちらで用意いたしますので不要です。
ポスター展示方法について:
□ポスターの大きさ
一件当たり、幅900mm・高さ2100mmの展示パネルを用意いたします。A0サイズのポスターが掲出可能です。また、この範囲であればA4版用紙を複数枚掲示するなど自由にご使用ください。
□ポスターの掲示
ポスターは12:00?13:00にB会場の指定されたパネルに掲示してください。張り付けは画鋲です。画鋲は会場に用意いたします。
□サンプル等の展示
展示パネル前にサンプル等を展示希望の場合は事前にお知らせください。原則として、電源を必要とする展示はできません。どうしても必要とする場合は事前に下記アドレスへご相談ください。当日では対応できません。連絡先:iwasaki@kit.ac.jp
□使用言語
ポスター画面は英語を原則とします。会話は日本語または英語で行います。
□ポスターの撤去
セッション終了後は直ちに(20分以内)ポスターを撤去願います。
□表彰
セッション終了時に最優秀ポスター賞(予定)等を対象者に通知します。後の情報交換会中に表彰式をおこないますので、受賞者は参加してください。
ご不明な点等がございましたらcommittee@isj-imaging.org 宛にメールでお願いします。
日本画像学会(top)]  >>  [研究討論会]  >>  ICJ 2018 Fall Meeting (Presentation Guide)